SHIBATA シバタ工業株式会社

SHIBATA シバタ工業株式会社


土木・港湾建設用資材
多重織高伸度織布 STシート
多重織高伸度織布 STシート
 多重織高伸度織布 STシートは、ポリエステル織布で構成される
土木・港湾建設用資材です。
今後、ますます要求される省力化、工期短縮に力を発揮します。
◆特 長
 高伸度で高強度な引張性能!
1. 伸び率は110%以上(規格値)あり、伸び量は初期の2倍以上になります。
2. 引張強度は、従来シートの2~3倍保持しています。
引張試験
◆機能性
 ±70cmの不陸に敷設可能
1. 高伸度特性によって、不陸に追従することができるため、マウンドの均しが不要です。
2. 高い引張強度によって、投入される土砂の荷重に対応することができます。
土砂載荷実験状況
1.機械式シート敷設工法
 機械式シート敷設工法は、STシートを専用の敷設機で敷設する
工法です。
 この工法では、浅海域から大水深まで人力をほとんど必要とせず、
安全性が向上し大幅な工期短縮が可能です。
機械式シート敷設工法
機械式シート敷設工法
◆特 長
 高い安全性+急速施工+高精度施工管理システムを搭載!
1. 機械施工であるため大水深の敷設が可能です。
2. 大型のシートユニットで一度に広範囲の敷設が可能です。
3. シートにチェーンを取り付ける事によって、敷設後の捲れ防止が可能です。
4. GPS施工管理システムの装備により高精度の施工管理が可能です。
◆施工写真
陸上ヤードでチェーンを配置
陸上ヤードでチェーンを配置
上部工にシート端部を固定
上部工にシート端部を固定
敷設台船による敷き広げ
敷設台船による敷き広げ
2.その他のシート敷設工法
STシートは、様々な敷設工法においても十分に機能を発揮する事ができます。
◆施工写真
防砂シート端部を上部工に固定
防砂シート端部を上部工に固定
クレーン付き台船による敷き広げ
クレーン付き台船による敷き広げ
法肩から転がしシートロールを敷き広げ
法肩から転がしシートロールを敷き広げ
シートユニットの結束
シートユニットの結束
◆物性規格値
品  番 ST-300N ST-600N 試験方法
重  量 g/m2 1300 2400 JIS L 1908
厚  さ mm 2.0 3.5
引張強度 タテ、ヨコ N/5cm 5070 9800
N/3cm 3040 5880
(kgf/3cm) (310) (600)
伸び率 タテ、ヨコ % 110 110
引裂強度 タテ、ヨコ N 3040 6370 JIS L 1096
(kgf) (310) (650)
※引張強度の単位は、試験サンプルの幅あたりの強度を示し、5cm幅と3cm幅の引張強度は比例換算となります。
※引張試験時のサンプル幅は、試験機の定格容量の関係で3cm幅で行う事があります。
※透水係数は、参考値としてST-300Nは3.0×10-2cm/s、ST-600Nは5.0×10-2cm/s程度となります。(JIS A 1218準拠)