SHIBATA シバタ工業株式会社

SHIBATA シバタ工業株式会社


スクリーン型流木捕捉工
流木スクリーン

流木スクリーンは、掃流区間もしくは土石流区間でも本堤下流側の前庭保護工に適用できる流木捕捉工です。
上流側に長く傾斜させた断面構造は、流木捕捉後の外力に対して、転倒や滑動に安定した構造で、かつ、捕捉面積が広いため、流水と流木を分離しやすく、効率的に流木を捕捉します。

構 造

規 格

流木捕捉高さ(H) 2m 3m 4m
長 さ(L) 3.9m 6.55m 6.55m
鋼材規格 H型鋼(SS400)
接続ボルト M20(F8T) M24(F8T) M24(F8T)
アンカーボルト M20(SS400) M24(SS400) M24(SS400)
横 桟

鋼製チェーン 径φ19mm
弾性チェーン チェーン径φ19mm、ゴム径φ100mm
弾性チェーンは、設計条件に応じて1列あたり、1本または2本使用します。

特 長

■既設堰堤に改築不要で流木捕捉工が設置可能

●前庭保護工の水叩き部 副堤(垂直壁)の水通し上流側に設置することで、流木捕捉機能を追加できます。
●既設堰堤の切り欠きや嵩上げなどの改良を行わず、水通しの機能を損なうことなく、流木捕捉効果を追加できます。
●流木捕捉工を設置するための堰堤の補強が不要です。

■安定した流木捕捉性

●捕捉面が傾斜構造で捕捉面積が広く流木と流水を分離しやすい構造です。
●傾斜構造により初期に捕捉した流木は上方へ移動し、無害な細粒土砂は下方から流下しやすい構造であるため、
  流木を効率的に捕捉しやすい構造です。
●袖部直下にも設置が可能で袖部を越流した流木捕捉も可能です。

■優れた施工性

●前庭保護工の水叩き部にアンカーボルトで設置し、
 基礎コンクリートへの埋め込みが不要です。
●堰堤の補強が不要であるため、工期低減が可能です。

■維持管理の容易性

●部材の取り外しが可能であるため、除木が容易です。
●万一損傷した場合は部材の交換が可能です。

流木捕捉のしくみ
【流木捕捉のしくみ】

水路実験

砂防学会鳥取大会2018 論文発表
V-032 「不透過型砂防堰堤の前庭保護工を利用したスクリーン型流木捕捉工の提案」

流木流下本数200本時の捕捉状況

模型縮尺:1/50 水路幅:200mm
流木径:6mm 流木長:80mm