MEMBER

規模は小さくても、
世界に通用する力がある会社。

第2営業部 東日本営業課
西尾 和樹Kazuki Nishio
2015年入社
経済学部

PROFILEプロフィール

兵庫県出身。関東の大学を卒業後に、営業職としてシバタ工業に入社。神奈川・埼玉・群馬など関東圏の官公庁との取引を担当する。仕事以外で大切にしているのは家族との時間。オンとオフのメリハリをつけて、プライベートの充実を図っている。

SCHEDULE1日のスケジュール

7:30
出社
7:30~8:00
メールチェック、事務作業
8:00~8:30
商談用資料の作成と事前の準備
8:30~12:00
担当エリアでの営業活動(官公庁、施工会社などを訪問)
12:00~12:45
昼食
12:45~13:00
移動
13:00~17:00
営業活動、取引先での各種打ち合わせ
17:00~18:00
帰社後に社内にて事務作業
18:00
退社

入社動機

世界のトップを狙う
グローバルなビジネス。

私の地元である兵庫県が本社で、世界2位のシェアを持つ企業ということで、募集期間が終わっていたにも関わらず、お願いして面接を受けさせていただきました。防舷材を中心に国内で高いシェアを持つだけでなく、グローバルにビジネスを展開している点に強く惹かれました。いつかチャンスがあれば、私も海外で活躍してみたいと今も思っています。最初は何を作っている会社なのかよく理解していませんでしたが、公共事業分野での実績が多く、高い技術を持つ老舗メーカーであることを知り、将来性にも大きな期待が持てると感じました。営業の仕事をしていても官公庁との取引が多く、社会に貢献するモノづくりに携わるやりがいを感じています。国や場所を問わず、世の中から必要とされる点が仕事の魅力です。

現在の仕事内容

官公庁の取引を中心に、
公共案件を担当。

道路や河川・砂防の整備を管轄する官公庁との取引を担当しています。他には施工会社や建設コンサルタント会社も取引先です。公共工事に欠かせない土木資材を主に扱い、シバタ工業の製品を使うメリットを提案しています。製品情報を詳細に提供するだけでなく、相手のためになる利点を明確にして訴求することが営業のコツ。形状が複雑な施設でも施工がしやすい点や、コンクリートの破損や摩耗を減らして年間の維持費を削減できる点など、相手の立場になればいろんなメリットを伝えることができます。ゴム製品を使わない工法や他社製品と比較したデータなども用意して、数字で根拠を示すなど、いろんな方法を駆使しながら提案できるところが営業の醍醐味です。

仕事のやりがい

モノを売るのではなく、
信頼を売る営業。

形あるモノを売るというよりも、課題を解決する提案を心掛けています。シバタ工業はメーカーですから、どうしても自社の製品を売りたくなります。でも、一方的なセールストークでは、信頼は得られません。時には、自社製品よりも他社製品の方が適している場合はそれを勧めるなど、その時にできる限りのことをして差し上げるのが、信頼獲得への近道です。私が思い描く理想の姿は、「土木工事のことなら、何でも西尾に聞いてみる」と思ってもらえること。自社製品だけにこだわらない懐の深さを持てば、相手のために何をするべきかが明確になります。モノを売るより信頼を売ることが一番必要なことであり、結果的に取引先との関係も深まっていきます。

シバタ工業の良いところ(社風など)

小さくても世界に羽ばたく
力を持った会社。

「これくらい分かるだろう」という視点ではなく、部下や後輩と同じ目線で物事をとらえて、指導・育成する社風が素晴らしいと思います。トップダウン型の組織ではなく、下からの意見も受け入れる柔軟な姿勢が、研究開発型企業として業界をリードし続けている秘訣ではないでしょうか。営業と設計と製造が、部署の垣根を超えて情報共有を図り、時には意見をぶつけ合う中から新製品を生み出してきました。客観的に見れば、シバタ工業の規模は決して大きくありません。でも、大きくない組織だからこそ機動力が高く、経営環境の変化にもスピーディに対応することが可能です。小さな会社ですが、世界に羽ばたく力を十分に持った会社だと思います。

今後の目標やビジョン

建築・建設の専門家とも
対等に意見を言い合える
力を身につける。

幅広い公共案件を担当していますが、まだまだ専門知識不足を感じる場面も少なくありません。公共工事と一口に言っても、その中身は千差万別。防災対策工事もあれば、景観を美しく保つための工事もあります。多種多様なニーズに応えるには、深く広い専門性が欠かせません。特に私が普段接しているお客様は、土木建築や設計に精通した業界のプロの方々です。そんな方と同じレベルでやりとりするには、やはり専門知識が求められます。技術部門に助けてもらう場面もありますが、できることなら人に頼らず自己完結できるようになりたいと思っています。成長できるだけの環境は十分に整っていますから、高い志を持ってこれからの仕事も頑張っていきたいです。

※所属部署名、役職、内容等は取材当時のものです。