SHIBATA シバタ工業株式会社

SHIBATA シバタ工業株式会社

緩衝機能付きラバータラップシリーズ

【チェーンタイプ】ラバータラップ / ライトタラップ

    特 長

    ラバータラップ

    ●ゴム+鋼の複合構造によるゴムの弾性機能を活かし、小型船舶の接触にも耐えられる優れた緩衝性能を発揮します。

    ●設置する防舷材のサイズに応じて、RB-130H、RV-150H、RL-200Hをラインナップしています。

    ●横段部のゴム中に、RB-130Hは鋼板を、RV-150H、RL-200Hはチェーンを埋設しており、過酷な腐食環境下においても優れた耐久性を有しています。

    ●RL-200Hには、オプションとしてタラップサイン(ソーラー式自発光体)を取付けることができ、夜間の利便性が向上します。

     

    ジョインタラップ

    ●杭式浅橋やドルフィン等、岸壁構造の制約によりラバータラップが下部まで設置困難な場合に、ラバータラップに接続して使用します。

     

    — 設 置 —

    ラバータラップは、利用者の昇降を考慮し、天端から100mmの位置よりL.W.L以下、600mmまで取り付けることをお薦めします。

    ジョインタラップは、利用者の昇降を対象としています。係船等には利用しないで下さい。破損の原因となります。

     

    ライトタラップ

    ●ラバータラップよりも軽量で簡易的な構造です。

    ●樹脂パイプ部をカラー仕様にすることが可能です。(別途オプション)

    ※ライトタラップには、緩衝する機能はありませんので、河川・水路・ため池など係留船舶と接触しない現場で使用してください。

    ラバータラップ、ライトタラップの選定基準

    ラバータラップ、ライトタラップは、水域における万一の落水時の安全はしごとして機能するものです。
    これまで、港湾などで使用されてきた実績があり、河川などの様々な水辺にもご活用いただけます。
    以下のイメージを参考に、弊社の設計基準にもとづいて適切な仕様、サイズを選定してください。

    設置イメージ

    ■RL-200H : 中型以上の船舶が入港する港湾など

    400H以上の防舷材が設置されている港湾において、タラップへの船舶の接触を想定して設置します。

    ■RV-150H : 小型の船舶や漁船などが入港する漁港など
    ■RB-130H : 小型の船舶が入港する漁港で取付幅に制限がある場合

    400H未満の防舷材が設置されている漁港などに、タラップへの船舶の接触を想定して設置します。

    ■ライトタラップ: 河川、水路、ため池をはじめ、
              あらゆる場所に

    人の往来がある水辺や河川などに設置します。
    また、ほとんどの港湾や漁港においてタラップへの船舶の接触が無い箇所に設置できます。

    形状・寸法

    モデル:RL-200H+ジョインタラップ

     

    RL-200H規格ユニット

    長 さ
    (mm)
    重 量
    (kg)
    横段数 ボルト
    本数
    ボルトピッチ
    900 93 3 4 300 + 300 + 300
    1,200 125 4 6 300 + 300 + 300 + 300
    1,500 157 5 6 300 + 600 + 300 + 300
    1,800 188 6 8 300 + 300 + 600 + 300 + 300
    2,100 221 7 8 300 + 600 + 300 + 600 + 300
    2,400 252 8 10 300 + 600 + 300 + 300 + 600 + 300
    2,700 284 9 10 300 + 600 + 600 + 300 + 600 + 300
    3,000 316 10 12

    300 + 600 + 300 + 600 + 300 + 600 + 300

     

     

    RL-200H用ジョインタラップ規格ユニット

    呼びの長さ
    (mm)
    全 長
    (mm)
    重 量
    (kg)
    横段数
    600 1,000 26 2
    900 1,300 36 3
    1,200 1,600 46 4
    1,500 1,900 56 5
    1,800 2,200 65 6

     

    モデル:RV-150H+ジョインタラップ

     

    RV-150H規格ユニット
    長 さ
    (mm)
    重 量
    (kg)
    横段数 ボルト
    本数
    ボルトピッチ
    600 32 2 4 150+300+150
    900 48 3 4 150+600+150
    1,200 64 4 6 150+450+450+150
    1,500 80 5 6 150+600+600+150
    1,800 96 6 6 150+750+750+150
    2,100 112 7 8 150+600+600+600+150
    2,400 128 8 8 150+750+600+750+150
    2,700 144 9 10 150+600+600+600+600+150
    3,000 160 10 10

    150+600+750+750+600+150

     

     

    RV-150H用ジョインタラップ規格ユニット

    呼びの長さ
    (mm)
    全 長
    (mm)
    重 量
    (kg)
    横段数
    600 850 23 2
    900 1,150 32 3
    1,200 1,450 42 4
    1,500 1,750 52 5
    1,800 2,050 61 6

     

    モデル:RB-130H+ジョインタラップ

     

    RB-130H規格ユニット

    長 さ
    (mm)
    重 量
    (kg)
    横段数 ボルト
    本数
    ボルトピッチ
    600 22 2 4 75+450+75
    900 33 3 4 75+750+75
    1,200 45 4 6 75+525+525+75
    1,500 56 5 6 75+625+725+75
    1,800 68 6 6 75+825+825+75
    2,100 80 7 8 75+625+700+625+75
    2,400 91 8 8 75+750+750+750+75
    2,700 103 9 10 75+600+600+600+750+75
    3,000 115 10 10 75+750+675+675+750+75
    3,300 126 11 12 75+625+600+700+600+625+75
    3,600 138 12 12 75+625+700+800+700+625+75

     

    RB-130H用ジョインタラップ規格ユニット

    呼びの長さ
    (mm)
    全 長
    (mm)
    重 量
    (kg)
    横段数
    600 705 9 2
    900 1,005 14 3
    1,200 1,305 18 4
    1,500 1,605 22 5
    1,800 1,905 26 6

     

    モデル:ライトタラップ

     

    ライトタラップ規格ユニット

    呼びの長さ
    (mm)
    重 量
    (kg)
    横段数
    1,200 4 4
    1,500 5 5
    1,800 6 6
    2,100 7 7
    2,400 8 8

    インフォメーション

    インフォメーション

    • 落橋防止システム落橋防止システム

    インフォメーション

    インフォメーション

    • ご採用までのフローご採用までのフロー
    • ゴムの種類についてゴムの種類について
    • 各種ゴム引布用途例各種ゴム引布用途例
    • 二次加工について二次加工について
    • よくあるご質問よくあるご質問

    インフォメーション

    • エスコンとはエスコンとは
    • フレキシブルコンテナとはフレキシブルコンテナとは
    • 静電気災害防止フレキシブルコンテナとは静電気災害防止フレキシブルコンテナとは
    • ゴム製エスコンの廃棄方法ゴム製エスコンの廃棄方法
    • 試験設備試験設備

    インフォメーション

    • CRAFTSMANSHIPCRAFTSMANSHIP
    • design+design+
    • ハトブーツ工房ハトブーツ工房
    お問い合わせ
    海洋土木

    ピックアップ

    トピックス

    所属アスリート

    秦 澄美鈴 跳躍選手 (走幅跳/走高跳)
    秦選手応援サイトはこちら »

    トピックス

    防災への取り組み

    日本レスキュー協会 災害救助犬
    詳しく見る »

    トピックス

    流木スクリーン

    (一財)砂防・地すべり技術センターとの共同開発
    詳しく見る »