PROJECT

  • TOP
  • PROJECT
  • VOL.1 落橋防止装置シリーズ 商品化・販売プロジェクト

VOL.1
落橋防止装置シリーズ
商品化・販売プロジェクト

STEP 1
橋の崩落を防げ。

1995年1月17日。阪神淡路大震災が起きた。
震災後、被災地に入った社員たちはその惨状を目の当たりにし、
今後の地震対策に有効な製品をつくることを決意する。
社内からは、いくつものアイデアが浮かんだ。
その中から、橋の落下を防止する緩衝ピンと緩衝チェーンという新製品が生まれた。

STEP 2
落橋防止装置のアイデア。しかし、知識は0。

阪神淡路大震災は、甚大な被害をもたらした。
シバタ工業にも影響は及び、当時の神戸支店が入っていたビルは、入居していたフロアが潰れる形で崩壊した。
地震での被災事例を写真として記録し、後世に伝え、後の地震対策に活用してもらう目的で、シバタ工業は被災地へ若手社員を送り込んだ。
建物、道路、鉄道、橋、海。
各方面に分かれて手分けして、さまざまな被災状況を、地震発生後2週間から1ヶ月かけて記録し、それらをまとめ、冊子にした。
官公庁や一般企業に配布すると同時に、地元明石市立図書館にも寄贈した。
一方、被災地から戻った若手社員を中心に、シバタ工業内では、地震対策に有効な製品がつくれないものかどうか検討が行われた。
日々流されるニュースでは、橋が落ちた高速道路で、橋の先端にバスがかろうじて止まっている様子や、高速道路の高架が倒壊したり大きな段差ができていたりという様子が報道されていた。
女性社員がつぶやいた。
「橋が落ちなければ、救助用や復旧用の車が通れるのに……。」
それがきっかけになった。
いくつものアイデアが生まれ、その中からゴムの特徴である衝撃力緩和効果を利用した、落橋防止装置「緩衝チェーン」と「緩衝ピン」の開発を決定した。
しかし、道路や橋はシバタ工業にとって未知の分野。
知識もなく、用語すら分からなかった。

STEP 3
驚異的な衝撃吸収力。しかし、売れなかった。

大震災以前、橋の落下を防止するためには、金属の丸い棒(ピン)を金具で取り付ける形が一般的だった。
シバタ工業は、衝撃を吸収するために、ゴムと繊維を複合化させた緩衝材を金属の棒に巻くことにした。
一方、緩衝チェーンは、既に海洋分野で利用されていたゴムと、鋼製チェーンを複合化させたラバーチェイナーを用途転用することを思いつく。
衝撃を吸収することは実証済みだったため、イメージしやすかった。
緩衝チェーンは1996年に製品化された。
しかし、緩衝ピンについては、壁が立ちはだかった。
当時は具体的な基準もなく、どのくらいのサイズのものを橋に取り付ければ、どのくらいの効果を発揮するのか分からなかったのだ。
そのため、シバタ工業は共同研究を行っている大学と連携し、大学教授の指導も受けながら、衝撃実験を行った。
20m程度の長さの橋で実際に使用する緩衝ピンを実験体として、衝突エネルギーを与え、壊れるまで実験を行った。
結果、以前の金属の丸い棒に比べ、シバタ工業の緩衝ピンは、取り付け金具に与える衝撃を70%も低減できることが証明された。
つまり、金具が壊れて、橋が落ちる確率を格段に減らせるのだ。
この結果なら、製品化して世に送り出せる。
技術者の誰もがそう思った。
ところが、そもそもどこにPRすればよいのか、どれくらいの価格で売ればよいのかが分からなかった。
1996年に開発がスタートした緩衝ピンは、1997年には製品化された。
だが、一向に売れる気配はなかった。

STEP 4
ニーズが教えてくれた、発想の転換。

「性能は優れているのだけど……」
それが緩衝ピンに対する世間的な評価だった。
緩衝ピンを見た専門家は、シバタ工業が提案する緩衝ピンの用途やその取り付け方に、釈然としない様子だった。
そこでシバタ工業の技術者は、自ら、社外の官公庁や設計会社等へ飛び出した。
「どう使うべきなのか、教えてください」
さまざまな所で、その質問を投げかけた。
そして各方面から寄せられたニーズを積み重ねることで、“どう使ってもらうのがよいのか”が見えてきた。
もともと緩衝ピンは、落橋防止のためにつくった製品だった。
しかし、橋が地震の衝撃を受けた時、橋が落ちることを防ぐのも必要だが、その前に、橋が水平(横)方向に移動することを抑制させ、橋と橋をつなぎ合わせたところに段差ができることを防ぐことも必要だと知ったのだ。
“変位を制限する装置として利用したらどうだろう”
シバタ工業の技術者は、橋での取り付け方や取り付け位置を変え、新たな緩衝ピンとして製品を作り変えた。
そして2001年。
新しい緩衝ピンは、嘘のように売れ始めた。

STEP 5
0から出発したプロジェクトは、10億円規模のビジネスになった。

知識もなく、用語すら分からないマニュアルのない世界に飛び込んだ。
落橋防止装置シリーズ商品化・販売プロジェクトの面々。
文字通り、それは0からの出発だった。
しかし現在では、緩衝ピンと緩衝チェーン、その他の関連商品を合わせて、10億円規模のビジネスに到達した。
プロジェクトに参加した技術者はこう言う。
「橋が落ちなければ、落ちた場合に比べると、ライフラインの確保がしやすく、復旧は格段に早いということを知りました。
女性社員の何げない言葉は、その通りだったのです。
だからこそ、私たちが開発した製品は意味があるのだと思っています。
まずは、その分野の専門的な用語、知識及び鉄、コンクリート等使用されている材料の材料特性、力学特性が分からないと、その有効性を提案することすらできませんでした」。
しかし、今回のプロジェクトで、シバタ工業は、この分野の専門知識と鉄やコンクリートと材料の特性に関する知識を得た。
この知識やノウハウを利用して、今後は、道路の分野において、落橋防止装置シリーズ以外にもラインナップを充実させたいと言う。
シバタ工業に新しい分野が誕生した。

  • VOL.2 帯電防止フレキシブルコンテナ開発プロジェクト

PAGETOP