SHIBATA シバタ工業株式会社

SHIBATA シバタ工業株式会社

貯水の水量・水質を守る

天蓋システム

農業用水を確保するためのため池は全国各地に存在し、私たちのくらしを支えています。
これらため池では、安定した水量と水質の確保が重要です。

天蓋システムは、連結した天蓋ユニットを水面に浮かべてため池の水面を覆うことで、用水の蒸散を抑制するとともに、アオコの発生も抑制するものです。

水量対策

水面を被覆することで蒸発を防ぎ、安定した水量を確保します。

システム適用前

天蓋システム適用前:蒸発量=15トン/月

天蓋システム適用後

天蓋システム適用後:蒸発量=3トン/月(蒸散80%抑制)


  • ※10m×10mのため池を想定
  • ※地盤への浸透量は土質による

グラフ:蒸発量の変化

水質対策

アオコ発生要因の一つである日光を遮断します。
また、直射日光を遮断することにより水温の上昇を抑えられ、アオコの発生を抑制し、安定した水質を確保します。

天蓋システム適用前:直射日光によるアオコ発生

天蓋システム適用後:日光を遮断し、安定した水質を確保

グラフ:クロロフィル濃度の変化

保守対策

本体に柔軟性を持たせ、かつ本体周囲にスカート部を設けることで、波などにより発生した本体端部の浮き上がりからの風の吹き込みを抑制します。

本体が柔軟に変形して、風の吹き込みを抑制

風による揚圧力に対し、スカート部により負圧力が発生する構造であるため、風による飛散を抑制しています。

スカート部により負圧力が発生する構造で、風による飛散を抑制

飛散抑制実証実験

簡単設置

本体を水面に浮かべるだけの簡単設置です。 はと目を連結するだけで複数枚設置可能です。

図:はと目部分のディテール

はと目部分のディテール

図:天蓋システムの連結

連結による複数枚設置

JICAの普及・実証・ビジネス化事業への取り組み

「JICAの普及・実証・ビジネス化事業として採択」され、カンボジア国雨水依存地域における干ばつ時の水資源確保のための事業として本システムの実証実験を予定しています。

「灌漑用水用ため池事業推進計画に関する案件化調査(2017)」時の現地紹介看板
(拡大写真をご覧になりたい方は写真をクリックしてください)

天蓋システム

実験用ため池の一例(製品は開発中のものです)

仕様・構造

仕様
本体 軟質塩化ビニル
浮体 ポリエチレンフォーム
はと目 アルミ

図:天蓋システムの外観

構造

図:天蓋システム三面図

インフォメーション

インフォメーション

  • 落橋防止システム落橋防止システム

インフォメーション

インフォメーション

  • ご採用までのフローご採用までのフロー
  • ゴムの種類についてゴムの種類について
  • 各種ゴム引布用途例各種ゴム引布用途例
  • 二次加工について二次加工について
  • よくあるご質問よくあるご質問

インフォメーション

  • エスコンとはエスコンとは
  • フレキシブルコンテナとはフレキシブルコンテナとは
  • 静電気災害防止フレキシブルコンテナとは静電気災害防止フレキシブルコンテナとは
  • ゴム製エスコンの廃棄方法ゴム製エスコンの廃棄方法
  • 試験設備試験設備

インフォメーション

  • CRAFTSMANSHIPCRAFTSMANSHIP
  • design+design+
  • Made to Order(オーダーメイド)Made to Order(オーダーメイド)
お問い合わせ
建設土木