MESSAGE

今までの経験はどんな事でも役立ちます。 取締役技術部長 西野 好生

シバタ工業は「緩衝」「防護」「遮蔽」といった要素を通じて、社会に大切な「環境・安全・防災」に関わる製品を世に送りだしています。
製品のメイン素材は「ゴム」になりますが、単純に「化学」の知識が優先されるかというと、必ずしもそうではありません。
鉄や繊維などの異なる素材を合わせて”ゴム+α”で考えることも必要になります。
また「環境・安全・防災」に関わる製品だけに、土木や建築などの知識も重要になります。
シバタ工業は「ゴム」を扱う「化学」の会社ですが、純粋に「化学」の仕事をしている技術者ばかりではありません。
就職活動中の方からは「専攻は化学ではないのですが、大丈夫ですか?」と聞かれることもあります。しかし、全く心配ありません。
私自身は学生時代にどんな専攻であっても、入社時のスタートラインは誰もが同じだと捉えています。
「化学」以外の専攻者であっても、必要な知識は入社後に習得することができます。
また「化学」専攻の方でも、機電系や土木・建築系の知識を習得してもらうこともあります。今までの自分を土台として、その上に必要な知識を積み上げていくのです。

技術者として大切なことは、自身の「探求心」「好奇心」です。
「探求心」「好奇心」があれば、日々の仕事や先輩の助言を通じてどんどん成長していくことができるのです。 そのためには常にアンテナを張り、新しいアイデアや技術を積極的に掴み、形にする「創造力」も必要です。
こうした「スキル」があれば、技術者として間違いなくシバタ工業で活躍できることでしょう。 そして失敗を怖れないこと。もちろんトラブルやクレームは好ましいことではありません。 しかし、どんな人でも必ずいつかは経験することです。その際に、失敗を糧に次の成長につなげていくことができるかどうか。
このこともまた、技術者として大切なスキルだと感じています。
シバタ工業では、大学や研究機関への技術者の「社外留学」も積極的に行っています。
入社後2年近くは社内で基礎を学んでいただきますが、一定期間を経た技術者は可能な限り、数年間の「社外留学」を経験してもらいたいと思っています。 実際、多くの先輩が「社外留学」を通じて、技術者として大きく成長を遂げているのです。

MESSAGE FOR YOU

シバタ工業には高い市場シェアを誇る製品が数多く存在しています。
自分が担当した製品がオンリーワン製品であれば、努力を積み重ねることで、確実にその分野での「第一人者」になれるのです。
夢のある話だと思いませんか?そしてもうひとつ大切なことは、楽しく仕事をするということ。「好奇心」「探求心」をもとに、
仕事を楽しむことで、ぜひシバタ工業での仕事を好きになってください。

PAGETOP