MEMBER

すべての仕事は、
モノづくりにつながっている。

総務人事部
藤本 雄大Takahiro Fujimoto
2012年入社
経済学部

PROFILEプロフィール

幅広いタスクを担う総務の中でも、中途採用と安全衛生管理に関わる業務を主に担当。衛生管理者として安全衛生委員会活動における重要な役割を任されている。車と釣りが趣味。海釣りにこだわりを持つと同時に、サーキットで本格的にドライビングテクニックを磨くなど、多趣味な一面も持つ。

SCHEDULE1日のスケジュール

7:45
出社
8:00~9:00
メールチェック、業務予定の確認
9:00~10:30
来客対応(採用会社との打ち合わせ)
10:30~12:00
出張に使用する資料の作成
12:00~13:00
昼食
13:00~14:30
安全衛生委員会に参加
14:30~15:30
委員会の議事録作成
15:30~16:45
採用応募書類に目を通す
16:45
退社(ランニング、買い物など、平日のオフも充実しています)

入社動機

徹底した品質へのこだわりが
トップメーカーのポリシー。

シバタ工業の採用ホームページで紹介されている帯電防止フレキシブルコンテナの開発ストーリーを読んで、モノづくりに対する熱意とこだわりに共感したことが入社理由です。自らに厳しい品質基準を設定して、妥協なく新製品の開発に挑む姿は、まさに私が理想としたメーカーの仕事でした。製品の素材や形状を研究するだけでなく、着火爆発や粉塵爆発の原因となる静電気について文献を紐解き、徹底した研究に取り組んだ開発秘話は、ぜひ多くの方に知っていただきたいです。絶対的な自信を持てる製品を生み出すために、困難な課題にも当たり前のように立ち向かう姿勢こそが、モノづくりの醍醐味。シバタ工業であれば、情熱を傾けて取り組める仕事があると確信して入社しました。

現在の仕事内容

優れた製品は、
優れた職場環境から生まれる。

どんなに専門的な知識や高い技術力を持った人材でも、その力を発揮できる環境がなければ、大きな成果は残せません。優れた製品は、優れた環境から生まれると言えるでしょう。私たち総務の仕事は、一流の製品を生み出すための一流の環境を整えることです。例えば、作業環境の測定の実施とその分析。有機溶剤を使う製造工程で、作業環境中の空気に含まれる有害物質を測定し、効率的に排気できる設備を導入しました。他にも、より良い環境整備のために衛生管理者の資格を取得し、安全衛生委員会の活動を通して、現場で働く社員の安全確保に取り組んでいます。

仕事のやりがい

総務の仕事も
モノづくりの延長線上にある。

製造部門との連携を図りながら環境整備や新しい設備の導入提案などを行っていますが、時には意見が対立する時もあります。生産性を高めると法令に抵触する可能性が出てくるなど、一方を立てれば一方の角が立つというケースは少なくありません。事業活動を継続していく上で、さまざまな法令を守ることは不可欠です。しかも、法令の改正は頻繁に行われるため、変化する経営環境への対応力が問われます。高い技術力だけで優れた製品ができるとは限らないのが難しいところです。法令の遵守、コストの管理、労働環境の整備などを担う総務の仕事も、すべてはモノづくりにつながっている意識で取り組んでいます。

シバタ工業の良いところ(社風など)

与えられるよりも
自分から手を挙げるから
おもしろくなる。

自分からやりたい仕事を見つけて手を挙げれば、思い通りに任せてもらえる自由な社風が魅力です。私の場合、衛生管理者の資格を取得した2ヶ月後には、正式に社内の衛生管理者の任命を受けました。周りには、私よりも経験も知識もある方がいらっしゃいますが、対等な立場で安全衛生委員会の活動をさせていただいて、自分の考えを自由に発言できるようになりました。そうやって自分からやりたいことを見つけていくと、義務的に仕事をしている意識は一切なくなります。むしろ、もっと他にもやってみたいことが出てきて、仕事そのものが楽しいものへと変わっていきます。そんな働き方を手にできる自由さが、シバタ工業の魅力だと思います。

今後の目標やビジョン

あらゆる相談に対応できる
総務を目指して。

私が理想とする総務の姿は、社内の困りごとに何でも対応できる存在であることです。安全管理のこと、法令のこと、人材採用のことなど、事業活動を行う上で考えるべき課題はたくさんあります。各部署がそれぞれに課題と向き合っていますが、それでも解決が難しい時には、総務に相談してもらいたいです。その為にも、今まで以上に専門知識を学んでいく必要があると思っています。社外研修を通して、法律の専門家や社労士の方から学んでいますが、得た知識はきちんと社内に展開してこそ価値があります。理屈だけを頭に詰め込むのではなく、現場との連携を図りながら、本当の意味で役に立つ総務を目指してきたいと思っています。

※所属部署名、役職、内容等は取材当時のものです。