SHIBATA シバタ工業株式会社

SHIBATA シバタ工業株式会社


耐震用可とう継手
RNジョイント(RN-S型)
防災
処理場・ポンプ場における既存施設の被災事例として、地盤沈下に伴う継手の損傷があげられます。耐震用可とう継手RNジョイント工法:RN-S型目地材をEXP.Jの補強工法に適用することで、施設の耐震化が図れ、漏水を未然に防ぐことができるため、減災効果が期待できます。
また、コンパクトな構造であるため、既存反応タンクや管廊等にも後施工での適用が可能です。
特 長
突起に応力集中!
RN-S型目地材のフランジ部に設けてある止水突起は、躯体の不陸を吸収するだけでなく、固定金具による押圧力を突起部に集中させることにより、効率のよい止水が可能な構造です。
突起に応力集中!
最大ボルトピッチ:400mm
RN-S型目地材の標準ボルトピッチは、最大で400mm(止水圧0.1MPaの場合)としています。これより、配管、ケーブル、レール等の支障物があってもボルトピッチ調整により、施工することができます。
最大ボルトピッチ:400mm
性 能
RN-S 型
耐水圧 0.1 MPa
ゴ  ム EPDM 系
本体引張強度 130 kN/m
伸  び 100 mm
沈  下 100 mm
標準ピッチ 400 mm
基準製品幅 310 mm
高  さ 20 mm
標準設置構造
標準設置構造