SHIBATA シバタ工業株式会社

SHIBATA シバタ工業株式会社


ケーソン対応吸出防止目地材シリーズ
RF-AS型目地材
国土交通省新技術情報提供システム
NETIS登録番号:KKK-110002
RF-AS型目地材(高伸度タイプ)
RF-AS型目地材は、ゴムの中に高強度の繊維を積層埋設した構造のケーソン対応吸出目地材です。
既設構造物の前面目地部にも取付ける事ができます。
断面構造
高強度の繊維を積層埋設
  本体の厚さが20mmあり、剛性が高く波浪によるバタツキが起こりにくい構造です。
断面構造
特 長
標準タイプ ・ 高伸度タイプ
耐圧力
ゴムの中に繊維を埋設した構造で、作用する外力(波圧、土圧 等)に対して、設計により埋設繊維数を増減
(強度調整)させ、現状条件に合わせて最適な仕様にすることが可能です。
波浪に対する安定性
本体の厚さが20mmあるため、シート構造の目地材に比べて波浪に対するバタツキが起こりにくく波浪によって起こる磨耗に対する安定性に優れます。
吸い出し防止
長手方向は連続体であるため、構造物の天端から底部の目地部を保護することができます。また、本体の両端を固定するため、粒径の細かい砂質土などの吸出しを防止できます。
密着性
ボルト固定部に止水突起を有するため、壁面との密着性に優れます。取付面をフラットにする処理や、止水突起間に止水テープ等を用いることで止水性を確保することが可能です。
※止水性能は取付面の状態に影響します。
耐久性
耐候性に優れるゴム配合であるため紫外線やオゾンに対して長期間の耐久性を有しています。
様々な施工環境に対応
RF-AS型目地材は、ケーソン背面や前面の目地部、および海面処分場のケーソン目地部に取り付けることができる
万能目地材(Allround) です。
剛性と止水性を兼ね備えたシンプルな構造
RF-AS 型目地材は、従来の膜材タイプの目地材に比べて厚みが4 倍あり、剛性に優れます。また、ボルト固定部の壁面と接する面には止水突起を有するシンプル(Simple) な取付構造です。

高伸度タイプ
50cm以上の目地幅の拡大に対応可能
高伸度タイプに埋設される繊維は伸び率100%、つまり2倍に伸びる高伸度繊維を採用しており50cmもの目地幅拡大にも追従できます。
高伸度タイプの追従性能
高伸度タイプの追従性能
標準タイプと高伸度タイプの規格表
全  幅 700mm
全  長 最大20m程度
厚  さ 20mm
埋設繊維数 最大3枚
空中重量 20kgf/m
※全長については調整が可能です。
※埋設繊維数は設計により選定します。。
用 途

埋立工事の吸出防止材

既設構造物前面目地部の吸出防止材

廃棄物海面処分場の止水目地材
施工例

1.アンカーボルト打設後、RF-AS型目地材を
所定の位置に吊り下げる。

2.RF-AS型目地材の位置合わせを行う。

3.RF-AS型目地材を固定する。