SHIBATA シバタ工業株式会社

SHIBATA シバタ工業株式会社


吸出防止・汚濁防止・液出防止目地材
ハイブリッド防砂目地板トライTR-E
ハイブリッド防砂目地板トライTR-E
ハイブリッド防砂目地板”トライTR-E”とは・・・

 これまで臨海部の埋立護岸背面などの吸出防止材(遮蔽型)は、 重要度やその場のケースに応じて、厚さ3mm~5mmの塩化ビニール系の防砂板が多く使用されてきました。 

 シバタでは、長年の技術と、蓄積したノウハウを活かし、より施工性・強度に優れたハイブリッド防砂目地板”トライTR-E”を開発致しました。

 ハイブリッド防砂目地板”トライTR-E”は高強度のナイロン織物の両面に汎用合成高分子中、最も耐久性に優れたEPDMを使用。弾性体皮膜を強固に接合、一体化させた、軽量・高強力で、しかも材質変化の少ないタフな複合型防砂目地板です。
特 長
引張強度
ゴムの中に埋設された高強度のナイロン繊維によって、高い引張強度を保持し、波圧、土圧等の外力に対応します。
引裂強度
ゴムと繊維の複合材であるため、均質材料のシートと比較して引裂強度が強く、万一の損傷から引き裂きの広がりも小さくなります。
耐久性
突起物等の外力に対する優れた抵抗力を有しています。
耐候性
弊社では、EPDM製防砂目地板を自社社屋に15年間放置する耐候試験を実施し、引張強度・伸びの高い保持率を確認しました。
※一般的なゴム状弾性を示す最低の伸び保持率は35%程度。(図1図2を参照)
温度依存性
あらゆる気象条件、シチュエーションを選ばず、様々な場面で活躍。(-40℃~100℃と幅広い範囲での使用可能)
施工性
計量・柔軟性に富み、小規模・少人数・短い工期、確かな 施工を実現。
引き裂力が強いため、ボルト・リベット等で 自在に施工可能。
【図1】 屋上暴露時間
【図1】 屋上暴露時間
【図2】 温度依存性の比較
【図2】 温度依存性の比較
寸 法
 

厚 さ
(mm)

質 量
(kgf/)

原反幅
(m)

ハイブリット防砂目地板
“トライ TR-E” 
2.0 2.6 1.1
3.0 3.9
5.0 6.5
物 性
単 位 規格値 標準測定値 試 験 方 法
引 張 強 さ N/3cm 4500以上 4850 JIS K 6404
伸 び 率 % 25以上 30
引 裂 強 さ N 650以上 960
ケーソン追従タイプ
ケーソン追従タイプ 標準取付時
原反幅の異なるトライTR-Eを貼り合せて、片側にたわみをもたせる構造として、たわみによって移動量を確保します。
また、水平部側のトライTR-Eによって、たわみ部が波浪により動揺することを防止させます。さらに、目地材保護用不織布を埋立材側に貼り付けることで、裏込材投入時の目地材との接触損傷などを軽減します。
ケーソン追従タイプ 目地幅拡大時
目地幅が拡大すると、トライTR-Eのたわみ部側が広がり構造物に追従することで、吸出防止機能を維待することができます。